【偶然天赦日に!】

(株)富士通の研究員、そして大学の准教授でもありレイキも学ばれているリュウ博士こと八木龍平氏の講話を伺って参りました。

「成功していく人はなぜ神社に行くのか」という講話
歴代の武将と神社の関係から現代の経済界のトップ達と神社の関係、そして神社参拝数と年収、幸せ度の調査結果をグラフ化したものを使ったり!
興味深い切り口でのお話です。

私がなぜ「この講話を聴きたい」と思ったかというと、ある方から「龍神を12体描いて欲しい」というご依頼頂き、龍神についてもっと知識を深めたいと思っていたところに、この講話開催を知ったのです。

休憩時間にその件を八木氏にお話させて頂くと、後半の講話の中で、実際に行かれた幾つかの神社の龍神のイメージを語って頂きました。龍神を感じたイメージを「大きな雲の様な感じ」という言葉を使われていて、あの感覚を思い返したのでした。

昨年企画した「願いを叶える京都パワースポット巡りの旅」で感じたのは、京都はドームの様な大きな龍神に守られているというイメージでした。


image

お話しの中でサンマーク出版の『「龍使い」になれる本』大杉日香理さん/著もご紹介されてらっしゃいました。
もっと色々伺いたいと思いましたがお時間の様です。。あっという間でした。
小ちゃな龍があのお部屋を見守っていた様な気がするのですが♡
前回の記事に天赦日の事を書きましたが、この講話の日が偶然天赦日だったのです。

リュウ博士のブログ「リュウ博士の自分で考えるスピリチュアル」

ご縁に感謝いたします!